「悪役」キャラに燃える、最近の私

仮面ライダーや戦隊シリーズ、プリキュアなど、子供は正義のヒーローが大好きですよね。私も幼少の頃から、トランスフォーマーやガンダムが大好きです。特にトランスフォーマーのコンボイ(オプティマス)などは、しっかりした正義感を持つ硬派な男であり、社会人としてはこのように実直で行動力のある男子でいたいと憧れと尊敬の念を持っています。しかし、最近の私はちょっと傾向が変わり、特にプライベートの面で「悪役好き」になってしまいました(笑)私を悪役好きに落とした張本人は、5年前に読破した三国志漫画「蒼天航路」の曹操です…それまで、いわゆる「真面目にコツコツやれば報われる」「本心で向き合っていれば分かり合える」を身上にしてきた私は、策略と奸計をもって乱世を駆け上っていく曹操の姿にある意味、一種価値観の革命のような所感を覚えました。それからは、プライベートではちょっとした策(もちろん違法なことはしていません)を仕掛けて相手の心を掴んでみたり、自分の気に食わない相手がいたら、本人に気づかれないようにチクッと毒舌を吐いてみたり、ちょっとスパイスの効いた男になりました(笑)それが功を奏したのか、それまで非モテで「女日照り」であった私ですが周りに私を慕ってくれる女性が増えるようになり、けっこう「リア充」できるようになりました。思えば、女性でも計算高い人はモテますもんね…。女性からしてみれば、少しくらい表裏のある男性のほうが、いわゆる純朴な人よりも惹かれるという傾向があるのでしょうね。最近では、スターウォーズの帝国側にハマったりしています。帝国軍のキャラのほうが人間性も服装や兵器も軍隊らしくて、格式があってかっこいいな、と思ったり…。ダースベイダー、ダースモール、カイロレンなど、黒と赤をイメージカラーにした「フォースの暗黒面」の使い手もかっこいいですね。そして、プライベートの人付き合いでもちょっとは悪役でいるほうがなんか気が楽ですね。人間は「性善説」「性悪説」どちらが本性か?はいまだに議論がなされますが、人間生きていれば、必ずマイナスの感情というものは出てくるものなので、それをむやみに否定せず、時には向き合ったりさらけ出してみるほうが人間味に魅力が出てくるものなのかもしれません!http://atocarepro.com/

「悪役」キャラに燃える、最近の私